混乱についてのお知らせ

最終更新: Jan 22nd · 10:46 UTC (2024-07-13 22:13 UTC)

概要

Impacted Product / Service Comment
🟢 - Processing Currently no issue/impact on global processing
🟢 - Production Currently no issue/impact on global production
​🟠 - Logistics Shipments through the Suez Canal delayed/rerouted
🟢 - IT/Services Currently no issue/impact on global operations

更新情報はこのページに掲載されます: https://kautschuk.com/status.

Current Bulletins (english)

Suez Canal shipments

Updated: 2023-12-22 · Ticket #1759

Currently vessels transiting the Suez Canal are under threat of militant attacks. Some carriers already decided to avoid this dangerous route and switch over to the much longer route around Cape of Good Hope. We expect additional 3 weeks transit time for all shipments between Asia and Europe. We also expect freight rates to increase.

Please be aware that already confirmed shipping schedules may be delayed due to this unforeseen development. We will monitor the situation and send updates as they become available. If you have questions regarding a shipment that is currently underway, please contact your Kautschuk-Group order processing representative or send an inquiry to [email protected].

FAQs

Kautschukグループのサプライチェーンポリシーは、停電時はどうなりますか?

Kautschukグループは、ほとんどの製品をヨーロッパと中国で冗長に製造しています。理論的には、これにより地域の停電による混乱を最小限に抑え、スムーザーなグローバルカバレッジを可能にしています。製品合成のための原材料供給の状況は製品によって異なります。原材料の最低でも1ヶ月分を常に手元に置くことを目指していますが、ジャストインタイム(JIT)モデルで製造される物質もあります。最終製品については、顧客固有の契約により製品が生産後直接顧客に出荷されることが規定されていない限り、予想される需要の少なくとも1ヶ月分を常に在庫しています。後者の場合、停電の影響は直ちに感じられます。在庫から顧客へ供給する他の全てのケースでは、停電が1ヶ月持続すると混乱が生じる可能性があります。

Kautschukグループには災害復旧計画がありますか?

Kautschukグループは、オフィスと製造工場それぞれに対して、顧客への影響を最小限に抑え、事象後の業務の適時再開を可能にするための災害復旧計画を設けています。災害復旧手順は地域の状況を反映し、定期的な監査の対象となります。

Kautschukグループには事業継続計画がありますか?

従業員の安全が危険にさらされる状況、例えば流行病や政治的不安定性がある場合等、Kautschukグループの一般的な方針は、状況が改善するまで地元の業務を休止することです。一つのオフィスが稼働不能になっても、Kautschukグループは最小限の混乱でグローバルな業務を維持することが可能です。ほとんどの製品(全部とは言えませんが)に関して、もし生産拠点が一つ停止した場合、別の工場が指定されたフェイルオーバーサイトとして設定され、生産を続けることができます。 しかし、原材料と物流の不足は、事業継続計画に関係なく、供給量と時間表に影響を及ぼす可能性があります。